頭痛・ネタ帳

調剤薬局の薬剤師です。 毎日、たくさんの頭痛の患者さんとお話ししてます。 100人いれば、頭痛は100通り!! 患者さんとお話しするためのネタ帳を綴ります。

Entries

スポンサーサイト

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

各トリプタン製剤の効き方の比較

320px-Medication_half_life.png(出典:Wikipedia)

薬の効き方を推測するのに役立つものにTMaxとT1/2がある
TMax:最高血漿中濃度到達時間
  (TMaxが小さいと早く効くということ)
T1/2:消失半減期
 (T1/2が大きいと長く効くということ) 

各トリプタン製剤の効き方の比較


ミリ数T-maxT-1/2

 イミグラン錠50501.82.2


10022.4

 イミグラン点鼻液2020①  0.251.87



②  1.30

 イミグランキット皮下注3mg30.231.71

 レルパックス錠20mg2013.2


401.23.9

 マクサルト錠10mg
11.6

 マクサルトRPD錠10mg
1.31.7

 ゾーミック錠2.5mg2.532.35

ゾーミックRM錠2.5mg2.532.35

アマージ錠2.5mg2.52.685.05


52.425.36
 各添付文書参照

この表からそれぞれのトリプタン製剤の特徴がわかってくる

・アマージは長く効く
・注射はやはり即効性
・マクサルトは早く効くが、短め
・レルパックスは効く早さも長さも平均、受け入れやすい   
・イミグラン点鼻液はTMaxが①②とあるが、①は鼻の粘膜から吸収された時、②は消化管から吸収された時で二つの山ができる(注:厳密には、①<②でTMaxは②)

などなどいろいろ推測できる



にほんブログ村 地域生活(街) 関東ブログ 茅ヶ崎情報へ
にほんブログ村 病気ブログ 頭痛・偏頭痛へ
スポンサーサイト

Comment

Comment_form

管理者のみ表示。 | 非公開コメント投稿可能です。

右サイドメニュー

検索フォーム

ブロとも申請フォーム

QRコード

QR
上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。