頭痛・ネタ帳

調剤薬局の薬剤師です。 毎日、たくさんの頭痛の患者さんとお話ししてます。 100人いれば、頭痛は100通り!! 患者さんとお話しするためのネタ帳を綴ります。

Entries

スポンサーサイト

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

トリプタン製剤の服用のタイミング

トリプタン製剤の服用のタイミング

IMAGE+10001_convert_20100906044251.jpg
  出典:エーザイ、患者様用パンプレット

トリプタン製剤の服用のタイミングは、結構つかむのが難しい
早めに飲みすぎても、ひどくなってから飲んでも効かないことが多い。
効かない上に副作用だけ出てしまうなんてことも
残念ながら、この説明をせず医療機関からトリプタン製剤を処方されていることが多いのが現状です。
表のように痛くなり始めが服用のタイミング
ところが、人によって前兆のない人、急に激痛になってしまう人などいるのでタイミングをつかむのは、難しいです。
自分のタイミングを見つけることがポイントです

トリプタン製剤と消炎鎮痛剤をうまく飲み分ける
月10回以上の服用を3ヶ月以上も続けると、薬物乱用頭痛になったり、トリプタン製剤の利きが悪くなったりしてしまいます
軽い時は消炎鎮痛剤、ひどい時はトリプタン製剤と飲み分けすることも大切です。
また、片頭痛の人は緊張型頭痛もある人が多いので、今の頭痛はどっちか見極めることも大切
緊張型頭痛には消炎鎮痛剤が有効でトリプタン製剤は効きません。

トリプタン製剤の主な副作用
血管を収縮するので
    
胸・のど・肩の締めつけ感や圧迫感、息苦しさといった不快感が出る

ピンポイントで効くといっても、どうしても他のセロトニンの作用が出てしまう
中枢神経に働いてしまう
    
   眠気

嘔吐中枢に働いてしまう
    
   吐き気 
各トリプタン製剤によって、効き方、副作用は微妙に違うので自分に合ったトリプタン製剤を見つけることも大切です。
また、同じ薬をずっと服用していると効きが悪くなることもあるようです。



にほんブログ村 地域生活(街) 関東ブログ 茅ヶ崎情報へ
にほんブログ村 病気ブログ 頭痛・偏頭痛へ
スポンサーサイト

Comment

Comment_form

管理者のみ表示。 | 非公開コメント投稿可能です。

右サイドメニュー

検索フォーム

ブロとも申請フォーム

QRコード

QR
上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。