頭痛・ネタ帳

調剤薬局の薬剤師です。 毎日、たくさんの頭痛の患者さんとお話ししてます。 100人いれば、頭痛は100通り!! 患者さんとお話しするためのネタ帳を綴ります。

Entries

スポンサーサイト

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

片頭痛の薬 [1]発作時の薬

片頭痛の薬ってタイトルつけたけど、いや~
難しいよ
なぜって、100人いれば100とおりの薬があるから。


一般的な分類をあげると

[1〕発作時の薬(急性期の薬)
消炎鎮痛剤

トリプタン製剤 =5‐HT(セロトニン)1B/1D受容体作動型片頭痛治療薬
片頭痛では脳を包む硬膜の血管が拡張して、頭痛を引き起こすことが知られていますが、トリプタン製剤は脳血管のセロトニン1B受容体に作動して拡張した脳血管を収縮させるとともに、三叉神経のセロトニン1D受容体に作動して血管を拡張する物質が放出されるのを抑制して、片頭痛の痛みを和らげます。



エルゴタミン製剤
エルゴタミン製剤もセロトニン作動性の薬だが、トリプタン製剤のほうがピンポイントで効くので、効果、副作用ともにすぐれており、今やエルゴタミン製剤はほとんど使われなくなってしまった。



5‐HT(セロトニン)1B/1D受容体って何
まず、セロトニン
セロトニンは、いろいろな働きをしているが、血管収縮、疼痛閾値の調節、脳血管の収縮活動の調節をするのが、
1B/1D受容体。
ここが、片頭痛にかかわっている。




 






スポンサーサイト

Comment

Comment_form

管理者のみ表示。 | 非公開コメント投稿可能です。

右サイドメニュー

検索フォーム

ブロとも申請フォーム

QRコード

QR
上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。